平成28年度 大和路歴史文化講座
「いにしえの寺と麗しきみ仏」

石仏龕(十輪院)
石仏龕(十輪院)

奈良の仏像といえば、斑鳩と平城京の大寺に残されている古代仏にスポットがあてられることが多い。
ところが、平安時代以降の仏像と磨崖仏などはあまりよく知られていない。春日奥山の石窟仏、矢田丘陵の滝寺跡の白鳳磨崖仏などはほとんど知られていない。それらを仏教彫刻と、考古学の寺院立地論の立場からみなさまとともに実地を見学したい。
(文 菅谷文則 氏)

▲ ページ先頭へ