光明皇后と興福寺

講師紹介
寺崎 保広 氏
奈良大学文学部 教授
寺崎 保広(てらさき やすひろ) 氏
昭和30年(1955年)山形県生まれ。東北大学大学院(博士課程後期)修了。1983年から奈良国立文化財研究所に勤務。現在奈良大学文学部教授、博士 (文学)。主な編著書に「長屋王」(吉川弘文館、1999年)、「藤原京の形成」(山 川出版社、2002年)、「古代日本の都城と木簡」(吉川弘文館、2006年)など。

 916光明皇后と興福寺

コース No.F-0916 定員200名
興福寺五重塔 提供:奈良市観光協会

平城遷都に伴い現在の地への移設計画が進められ、奈良時代、平安時代を通して藤原氏によりお堂や塔の整備がされ、日本有数の大寺として栄えた興福寺の歴史を光明皇后の視点からアプローチしていきます。平成30年に再建中の中金堂落慶を迎える今だからこそ、改めて興福寺の奥深さに触れていただきます。

講 師 奈良大学文学部 教授 寺崎保広 氏
日 程 平成29年9月16日(土)
開場13:30 講演14:00~15:30
会 場 興福寺会館 奈良市登大路町48
定 員 200名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 会員1,000円
申し込み 往復ハガキにてお申し込みください。
詳細はこちら→
4月3日(月)9:00より受付開始。応募締切は9月6日(水)
お問い合わせ・
お申し込み
一般財団法人 奈良県ビジターズビューロー
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:30(日、祝日は休み)
▲ ページ先頭へ