縁で巡る大和のみほとけ
~奈良大和路カレンダー2016 を訪ねる旅~

 

講師紹介
松浦正昭氏
富山大学 元教授
松浦 正昭(まつうら まさあき) 氏
昭和21年(1946年)群馬県生まれ。
東北大学文学部助手、奈良国立博物館仏教美術資料研究センター長、東京国立博物館事業部上席研究員、文化庁文化財部主任文化財調査官、放送大学客員教授、富山大学芸術文化学部教授等を歴任。専門は仏教美術史。

 730古京を見続ける仏たち

コースNo.F-4708 定員40名
薬師寺東院堂
薬師寺東院堂

飛鳥から平城に都を還した元明天皇は、遷都から11年の養老5年(721)になくなります。そのとき天皇のために皇女吉備内親王によって造られたのが、薬師寺東院堂の聖観音、やがて都が京に還り平安時代となったその始めの貞観彫刻の代表が東大寺法華堂の弥勒仏、それから二百年の藤原彫刻の優雅な御仏が南明寺の三如来像。これら古京の御仏を巡礼しそれぞれの時代を偲ぶ一日となる大和路ツアーです。

日 程 平成28年7月30日(土)
集合:奈良ラインハウス前(近鉄奈良駅下車すぐ) 9:20集合 9:30出発
コース 奈良ラインハウス~…東大寺ミュージアム(座学)…~南明寺~薬師寺~近鉄奈良駅(17:00頃)徒歩約3km
旅行代金 会員11,000円(昼食付) ※一般の方は12,000円
3月11日(金)より受付中。
<※ご注意 >
  1. 各コースとも添乗員が同行します。
  2. コース中の~はバス乗車、…は徒歩を示しています。
  3. いずれのコースも徒歩行程がありますので、歩きやすい服装と靴でご参加ください。
    コースによって上堂いただく寺院等もありますので、靴は脱ぎ履きしやすいものをお勧めします。
お問い合わせ・
お申し込み
奈良交通総合予約センター
TEL:0742-22-5110
受付時間 8:30~19:00(年中無休)

1015王子道を見続ける仏たち

コースNo.F-4710 定員40名
矢田寺
矢田寺

聖徳太子の宮殿である斑鳩宮を復興した光明皇后が法隆寺東院に奉納した夢違観音は白鳳彫刻の代表。斑鳩宮の背後の山々は物部氏の祖である𩜙速日命が天の鳥船で降り立った神話の地で、そこに矢田寺が建立され奈良時代の十一面観音が奉安された。大和の最高峰の吉野に入山し、やがて新王朝創業を成し遂げた天武天皇の遺跡に建つ大日寺の五智如来。これら王子道の御仏を巡礼しそれぞれの時代を偲ぶ一日となる大和路ツアーです。

日 程 平成28年10月15日(土)
集合:奈良ラインハウス前(近鉄奈良駅下車すぐ) 9:20集合 9:30出発
コース 奈良ラインハウス~…大日寺…~…法隆寺…~矢田寺~近鉄奈良駅(17:45頃) 徒歩約3.5km
旅行代金 会員12,500円(昼食付) ※一般の方は13,500円
6月16日(木)10:00より受付開始。
<※ご注意 >
  1. 各コースとも添乗員が同行します。
  2. コース中の~はバス乗車、…は徒歩を示しています。
  3. いずれのコースも徒歩行程がありますので、歩きやすい服装と靴でご参加ください。
    コースによって上堂いただく寺院等もありますので、靴は脱ぎ履きしやすいものをお勧めします。
お問い合わせ・
お申し込み
奈良交通総合予約センター
TEL:0742-22-5110
受付時間 8:30~19:00(年中無休)
▲ ページ先頭へ