國樹 彰 氏
株式会社瀧川寺社建築 興福寺中金堂再建現場所長
國樹 彰(くにき あきら) 氏
昭和29年(1954年)奈良県生まれ。地元工業高校建築学科を卒業後、昭和48年奈良県庁に入庁、昭和52年より県教委文化財保存事務所及び文化財保存課に勤務し、15年間文化財建造物の保存修理事業に従事する。平成4年に現在の株式会社瀧川寺社建築に入社、平城宮跡朱雀門・第一次大極殿復元工事に携わり、現在、興福寺中金堂復元工事の現場所長を務める。

1116「興福寺中金堂再建」に見る伝統文化と技術の継承

コース No.F-1116 定員200名

2018年10月に中金堂落慶を迎える興福寺に焦点を当て、中金堂が再建されるまでの過程を、現場で携わってこられた寺社建築のプロに解説いただきます。
天平の文化空間の再構成の中心となる最も重要な建物である中金堂から日本の伝統と技術の継承について学んでいただきます。
※宮大工による実演もございます。

講 師 株式会社瀧川寺社建築 興福寺中金堂再建現場所長 國樹彰 氏
日 程 2018年11月16日(金)
開場13:00 講演13:20~15:40
会 場 興福寺会館
奈良市登大路町48 興福寺三重塔西側
定 員 200名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 会員1,000円
※一般の方は2,000円
申し込み 郵便払込にてお申し込みください。
詳細はこちら→
8月16日(木)より振込開始
※応募締切は11月6日(火)
※電話での受付は致しません。郵便振込でのお申し込みとなります。
お問い合わせ・
お申し込み
奈良ファン倶楽部事務局
TEL:0742-81-8557
受付時間 9:00~17:30(平日のみ)
E-mail info-narafc@nara-kankou.or.jp
▲ ページ先頭へ