515佐保路の尼寺・興福院に仏像を訪ねて

Aコース 定員20名
会場興福院(奈良市)

佐保丘陵の南麓に静かな佇まいをみせる尼寺・興福院。奈良時代の創建当初は、現在の近鉄尼ヶ辻駅のすぐ東にありました。豊臣秀吉や徳川家の寄進を受けながら再興を重ね、寛文5年(1665)に4代将軍徳川家綱から寺地を賜り、現在の地に移りました。
客殿(重要文化財)や大門、本堂は、江戸時代前期に活躍した小堀遠州らによって造営されたもの。また阿 弥陀如来を中尊とする本尊・阿弥陀三尊像をはじめ、仏像や寺宝も大切に守られてきました。
通常はなかなか拝観できない興福院ですが、今回は仏像の調査・研究・保存の仕事に携わってきた、奈良国立博物館名誉館員の鈴木喜博先生をお招きし、興福院の歴史はもとより、本尊にみられる奈良時代の特色、さらには興福院に伝来する東大寺大仏の木柱で造られた釈迦如来像などについてお話をいただきます。とくにこの釈迦如来像は、江戸時代前期に東大寺復興に尽力された公慶上人と興福院との関係を物語る貴重なもので、2020年3月、奈良市指定文化財に指定されています。
お話は重文の客殿にて。客殿からは“遠州好み”のお庭越しに新緑美しい境内をご覧いただけます。豊かな佐保の自然に囲まれた心静かなひとときを、しばし満喫されてみては?

日 程 2021年5月15日(土)
講座時間/10:30~12:30
集合時間/10:20
講 師 鈴木 喜博
(奈良国立博物館 名誉館員)
集合場所 興福院
奈良市法連町881
◎近鉄奈良駅より徒歩約20分、
 バス停「佐保小学校」より徒歩約3分
※この講座は現地集合、現地解散になります
定 員 20名
※定員になり次第締め切らせていただきます
※最少催行人数5名
参加費 会員4,000円
一般5,000円
受付開始 2021年3月16日(火)
※電話(0742-23-8288)で受付後
 郵便振込でのお申し込みとなります
詳細はこちら→
特 典 興福院オリジナルクリアファイルをプレゼント!

興福院所蔵の貴重な重要文化財「刺繍掛袱紗」がクリアファイルになりました!


※写真は紅繻子地梅宝尽し「万壽」字文様刺繍掛袱紗
※掲載写真はイメージです。
周辺
スポット
案内
山崎屋 本店/奈良みやげ横丁

奈良漬の老舗の山﨑屋。良質の野菜と酒粕・味醂粕を丁寧に熟成させた伝統の味が評判。
3月に奈良のおみやげを集めた奈良みやげ横丁も開店しました。





住所:
奈良市東向南町5

電話番号:
0742-22-8039
(山﨑屋 本店)
0742-22-2986
(奈良みやげ横丁)

営業時間:
9:00~19:00(山﨑屋 本店)
9:30~18:30(奈良みやげ横丁)

定休日:なし

駐車場:なし
お問い合わせ 奈良ファン倶楽部 事務局
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:45(平日のみ)
E-mail info-narafc@nara-kankou.or.jp
▲ ページ先頭へ