1126太子道を歩く
太子道(川西町・三宅町)
講師奈良市埋蔵文化財調査センター 所長 森下惠介
太子道を歩くのイメージ画像

冬の大和野菜として話題の「結崎ネブカ」は、今回訪ねる川西町の特産品です。結崎の地は、能楽・観世座発祥の町としても有名ですが、今回は太子道を奈良市埋蔵文化財調査センター・森下所長の案内で近隣に点在する古墳を巡り、それらの史跡の中からこの地域の奥深さを学びたいと思います。川西町役場近く、その本殿が江戸時代に春日大社若宮本殿から移築された、糸井神社も訪ね黒田駅までの短い区間ですが、たっぷりとお話を聞きながら晩秋の太子道を歩きます。

日 程 平成29年11月26日(日)
集合12:20 講座12:30~16:00
集合場所 近鉄橿原線結崎駅
参加費 2,500円(志納料・茶菓料等を含む)
定員 40名
8月28日(月)9:00より受付開始。
※講師名などは敬称略

■お申し込み方法など
  1. この講座は会員限定の企画で、原則として現地集合・現地解散です。
  2. 受付した方には開催の2週間前に詳しいご案内をお届けいたします。
  3. お申し込み受付後、会員様のご都合によりご参加をお取り消しになる場合は、速やかに事務局までご連絡ください。
  4. 各コースともスタッフが同行します。
お問い合わせ・
お申し込み
一般財団法人 奈良県ビジターズビューロー
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:30(日、祝日は休み)
▲ ページ先頭へ