524地域が受け継ぎ伝える神話の世界
井光(いかり)(川上村)
講師井光神社 氏子総代員 孝井 龍志

「日本書紀」は、養老4年(720年)奈良時代に成立した日本の歴史書といわれています。その記述の中に出て来る国津神「井氷鹿(いひか)」。その名も不思議な魅力を感じさせますが、神武天皇を助けるために「古皇(ふるつこ)」と呼ばれる古代の在所跡にある光る井戸(くぼみ)から現れた「尾」を持つ神のこと。ますます興味が湧きます。川上村役場から更に奥、井光(いかり)地区を訪ね、代々この地で暮らしておられる孝井龍志氏に、その不思議で魅力溢れる地域のお話しを伺います。「古皇」から更に奥「御船の滝」にもご案内します。


日 程 2019年5月24日(金)
講座時間/10:00~16:00
集合時間/9:50
集合場所 森と水の源流館 川上村宮の平
参加費 4,000円
(入館料・志納料・貸切バス代・昼食代を含む)
※近鉄橿原神宮前からの貸切バスも有り
 (参加費+1000円)
定員 40名
※定員になり次第締め切らせていただきます
受付開始 2019年2月25日(月)
※講師名などは敬称略

■お申し込み方法・ご注意
  1. 奈良ファン倶楽部事務局までお電話またはメールにてお申し込みください。
  2. この講座は会員様限定の企画で、原則として現地集合・現地解散です。
  3. 開催日の2週間前以降に詳しいご案内を奈良ファン倶楽部事務局よりお届けします。
  4. お申し込み受付後、会員様のご都合によりご参加をお取り消しになる場合は速やかに事務局にご連絡ください。
  5. その他は会員規約によります。
  6. 各コースともスタッフが同行します。
お問い合わせ・
お申し込み
奈良ファン倶楽部事務局
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:45(平日のみ)
E-mail info-narafc@nara-kankou.or.jp
▲ ページ先頭へ