講師紹介
岩本 泉治(いわもと せんじ) 氏
奈良山岳自然ガイド協会 会長
岩本 泉治(いわもと せんじ) 氏
1955(昭和30)年大峯山中の大普賢岳の麓の山里 天ヶ瀬に生まれる。幼い頃か ら、山伏の祖父に連れられて大峯、大台ヶ原を歩く。
平成4年より11年間、大台ヶ原ビジターセンター、以後吉野山公園管理事務所、万葉の森管理事務所に勤務。平成22年退職。
平成16年にNPO法人 森と人のネットワーク・奈良を設立し主に自然保護や動植物の保全の活動を行っている。歴史や動植物に詳しい。
現在、日本遺産 池神社の宮司、世界遺産ガイドも行う。
著書/地球の風『大台ヶ原』ゼンリン出版 『世界遺産をシカが喰う』文一総合出版(共著)
中止

1016宇陀のかくれ里「薬草のふる里」を巡る

コース No.W1016 定員20名

推古天皇の時代、薬狩りが催されたことが『日本書紀』に記されている阿騎野。
「ひむがしの野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」文武天皇が阿騎野に狩りをした時に柿本人麻呂が作った歌で知られています。
格子や虫籠窓(むしこまど)が残る歴史的町並みや薬草と縁が深いこの地に現存する日本最古の民間薬草園などを散策します。

日 程 2020年10月16日(金)
集 合 近鉄榛原駅 南口 9:50予定
(奈良交通大宇陀行きバスに乗車します)
行 程 近鉄榛原駅10:09発(バス乗車)⇒宇陀市松山地区(重要伝統的建築物群保存地区)⇒ヒルトコカフェ(昼食)⇒大宇陀かぎろいの丘万葉公園⇒森野旧薬園(バス乗車)⇒近鉄榛原駅14:30頃解散予定
定 員 20名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 会員5,000円
一般6,000円
※入園料、昼食代含む。
※バス代は参加費に含みません。
昼 食
ヒルトコcafe

薬の町・大宇陀の万葉公園隣、古民家を改装したノスタルジックで開放感あふれる空間のカフェ。
「大和トウキ」など身近な薬草や地元野菜を使ったランチやデザートが人気のお店です。

宇陀市大宇陀中庄129
TEL:0745-88-9409
11:00~16:00(冬季~15:00)
受付開始 2020年7月16日(木)
お問い合わせ 奈良ファン倶楽部事務局
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:45(平日のみ)
E-mail info-narafc@nara-kankou.or.jp
▲ ページ先頭へ