安倍文殊院

安倍文殊院

安倍寺(安倍文殊院)は大化元年(西暦645年)の飛鳥時代、左大臣の安倍倉梯麻呂公が安倍一族の氏寺として創建された寺院です。日本最古に属する寺院で、華厳宗東大寺の別格本山でもあります。

御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩で、日本最大(7m)鎌倉時代・建仁3年(1203年)に大仏師・快慶によって造立されました。獅子に乗り4人の脇侍を伴う、渡海文殊群像【5像全てが国宝】です。
その中の善財童子は、「華厳経」入法界品に登場する純粋可憐な童子で、文殊菩薩の教導を受け、仏の悟りを得るために諸所の善知識を歴参することで知られています。
また、境内の金閣浮御堂には安倍仲麻呂公、晴明公の御尊像、開運弁才天、方位災難除けの九曜星・十二天御尊軸が安置されており。近年霊宝館として内陣参拝できるようになり、季節によって様々な寺宝を見ることもできます。

安倍文殊院
会員特典 本堂拝観料金(抹茶・菓子付)10%割引 大人700円→630円
本堂と金閣浮御堂霊宝館の2ヶ所共通拝観券 大人1,200円
電話番号 0744-43-0002
住所 桜井市阿部645
アクセス JR・近鉄桜井駅下車徒歩約20分
またはバス安倍文殊院前下車すぐ
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
駐車場 普通車200台(有料)
URL http://www.abemonjuin.or.jp/
地図

※詳しくは、「施設ご利用にあたり」をご参照ください。

▲ ページ先頭へ