長谷寺

長谷寺

長谷寺は朱鳥(あかみどり)元年(686)道明(どうみょう)上人が、銅板法華説相図を西の岡に安置したことにはじまり、のち神亀(じんき)四年(727)徳道(とくどう)上人が、東の岡に十一面観世音菩薩をおまつりになりました。
上人は観音信仰にあつく、西国三十三所観音霊場巡拝の開祖となられた大徳であり、当山を三十三所の根本霊場と呼ぶ由縁であります。
現在の長谷寺は、真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三観音霊場第八番札所として、全国に末寺三千余ヶ寺、檀信徒はおよそ三百万人といわれ、多くの人々の信仰をあつめています。

また『花の御寺』とも呼ばれ、四季折々の様々な景色を楽しんでいただけます。
春は桜と牡丹。その数150種7,000株を誇る日本一の牡丹園。梅雨の雨に濡れた紫陽花(あじさい)に彩られたしっとりとした静けさ。境内山内を覆う秋の紅葉のグラデーション。冬の雪景色をひきたてる寒牡丹。
観音様と色とりどりの花が参詣の方々をお迎えします。

長谷寺
会員特典 入山料50円引き(※メンバーズブック持参者のみ)
大人(一般)500円→450円 小学生 250円→200円
電話番号 0744-47-7001
住所 桜井市初瀬731-1
アクセス 近鉄長谷寺駅下車徒歩約15分
営業時間 夏季8:30~17:00 冬季9:00~16:30
定休日 なし
駐車場 普通車60台(有料)
URL http://www.hasedera.or.jp/
地図

※詳しくは、「施設ご利用にあたり」をご参照ください。

▲ ページ先頭へ