丹生川上神社

丹生川上神社

文政11年(1829)に造替された社殿中央に主祭神罔象女神(みずほのめのかみ)を祀る。第40代天武天皇白鳳4年(675)に創祀せられ万物の生命の源である水の神様、雨師の明神、水神宗社として広く信仰されている。

10月16日の例祭の神賑行事として、第2日曜日に八ヶ大字の若衆に担がれた八連(やから)の太鼓台が境内狭しと乱舞する“小川まつり”別名“けんか祭”として有名である。
東(ひんがし)の滝 本社境内は吉野離宮趾地(秋津宮)で、東にあるところから万葉時代に「東の滝」と詠まれ美しい瀑布を成している。
夢渕(ゆめふち) 木津川、日裏川、四郷川の三支合流の碧潭をなし、畏くも皇祖神武天皇親しく天神地祇を祀った聖蹟の地。

丹生川上神社 写真2
会員特典 希望者には神社の由緒を説明及び境内案内(祭典・社務状況により出来ない場合あり)
電話番号 0746-42-0032
住所 吉野郡東吉野村小968
アクセス 近鉄榛原駅からバス東吉野村役場前下車、東吉野村コミュニティバス(ふるさと号)乗り継ぎ、蟻通下車すぐ
営業時間 6:00~18:00(季節により時間変更あり)
定休日 なし
駐車場 普通車45台(無料)
URL http://www.niukawakami-jinja.jp/
地図

※詳しくは、「施設ご利用にあたり」をご参照ください。

▲ ページ先頭へ