大谷 徹奘(おおたに てつじょう) 師
大谷 徹奘(おおたに てつじょう) 師
1963(昭和38)年4月16日、東京都江東区にある浄土宗の重願寺(じゅうがんじ)住職の大谷旭雄(おおたにきょくゆう)の二男として生まれる。芝学園高等学校在学中17歳の時、故・高田好胤薬師寺住職に師事、薬師寺の僧侶となる。 龍谷大学文学部仏教学科卒業、同大学院修士課程修了。1999(平成11)年春から全国各地で「心を耕そう」をスローガンに法話行脚。2003(平成15)年8月16日 薬師寺執事 就任。2017(平成29)年6月16日 薬師寺副執事長 就任。

 2薬師寺復興について

コース No.G0207 定員150名
写真提供:薬師寺

680年、天武天皇の発願により飛鳥・藤原京に造営され、平城遷都とともに今の西ノ京の地に移転した薬師寺。1300年の歴史の中で天災や人災により「竜宮造り」と呼ばれた壮麗な伽藍が消失しました。1968年以降の写経勧進により金堂、西塔、中門・回廊、大講堂、食堂が次々に再建されてきた薬師寺白鳳伽藍復興の軌跡について、2020年4月の東塔落慶への思いも込めて法相宗大本山薬師寺副執事長・大谷徹奘師にご講演いただきます。

日 程 2020年2月7日(金)
講座時間/13:30~15:30
集合時間/13:00
講 演 大谷 徹奘 師
薬師寺副執事長
会 場 薬師寺 慈恩殿
奈良市西ノ京町457
定 員 150名
※定員になり次第締め切らせていただきます
参加費 会員1,500円
一般2,500円
(拝観料込み)
振込開始 2019年12月3日(火)
※電話(0742-23-8288)で受付後
 郵便振込でのお申し込みとなります
詳細はこちら→
お問い合わせ 奈良ファン倶楽部 事務局
TEL:0742-23-8288
受付時間 9:00~17:45(平日のみ)
E-mail info-narafc@nara-kankou.or.jp
▲ ページ先頭へ